ツアー全通のススメ。

結論から言います。

 

 

10万円あればドレスコーズ のツアー、全通できます。

※出発地:大阪の場合。

※チケ代、ドリンク代は除く。

※現地での食費移動費おみやげ代ロッカー代なども除く。

※遠征費(宿泊費+旅費)のみ。

出張の場合、会社に請求できるお金と考えたらわかりやすいと思います。

 

今回のドレスコーズのツアー “dresscodes plays the dresscodes” の予算。 

f:id:madorigirl:20180712215656j:plain

昨年末、今年の手帳をおろしてはじめて書いたページ。

 

あれは去年のクリスマス・イヴ。

ツアーの開催が発表になり日程を見た瞬間、いける!全通する!ありがとうサンタさん!とすぐさま来年(ていうか今年)のまっさらの手帳に予算案を書きました。先手必勝(使い方合ってますか?)で、ツアーのチケットの先行予約がはじまる前からホテル検索、各社航空会社のサイトをヒマがあれば見て、情報をメモりました。お金の計算は苦手なほうですが、ツアーの予算を考えるのは、めっちゃたのしいです。遠足の前日の比じゃないです。

 

今回のツアーのテーマは「とにかく安く!」ではないです。

もうオトナだし、仕事が忙しい時期だったので、以下のポイントをふまえて予算を組みました。

  • 遠方への移動は、飛行機か新幹線。(バス・鈍行は使わない)
  • LCCを使う場合も広めの席を事前に確保。(フライト中に仕事をするため)
  • ライブ会場に徒歩で行けるホテルに宿泊する。(手ぶらでライブに行けるように)
  • できるだけ大きい机があるビジネスホテルに宿泊する。(ホテルで仕事をするため)

ツアー中、東京も急遽日帰りから泊まりに予定変更したため、最終的には合計114,820円でしたが、変更前の予算は、合計100,440円でした。

全部飛行機と新幹線。調子に乗ってJALクラスJに何回か乗ってこのお値段。クラスJのシートに座って雲の上で飲む、川島良彰氏プロデュースのコーヒーは本当に美味しかったです。JALのCAさんの制服のワンピースがいちばんかわいいと思います。JALが大好きになりました。

今回はまあまあのリッチコースでしたが、例えば新幹線のきっぷを金券ショップで買ったり、高速バスを使えばもっともっと安くおさまると思います。10万あればヨユーです。しかも10万一括で支払うわけじゃないし、ツアーの半年くらい前からコツコツ払っていくワケだから、そんなにキツくありませんでした。

 

 

では、ツアー先で使った経費を財務アプリを見てふりかえってみます。

 

◉初日仙台(5/19-5/20 仙台泊)8,902円

内容:飲み物とか牛タン定食とか喫茶店とかドリンク代とかセブンのコーヒーとか空港までの交通費とかおみやげとか

 

◉2本目札幌(5/26-5/27 札幌泊)14,665円

内容:セブンのコーヒーとパンとか飲み物とか喫茶店とかドリンク代とかジンギスカンとかドトールとか空港までの交通費とかおみやげとか

 

◉3本目福岡(6/2 日帰り)10,343円

内容:豆乳とか空港でスタバとかコワーキングスペースとかラーメンとか喫茶店とか喫茶店とかドリンク代とか空港までの交通費とかおみやげとか空港でラーメンとか

 

◉4本目岡山 (6/3 日帰り)3,940円

内容:喫茶店とかロッカー代とかドリンク代とかラーメンとかおみやげとか新幹線の中でもみじ饅頭とセブンのコーヒーとか

 

◉5本目大阪(6/9 地元)600円

内容:ドリンク代

 

セミファイナル・名古屋(6/9 日帰り)2,743円

内容:飲み物とかロッカー代とかドリンク代とか喫茶店とかおみやげとか現地での交通費とか

 

◉ファイナル・東京(6/16-6/17 東京泊)12,157円

内容:ロッカー代とか喫茶店とか建築の日本展とか喫茶店とかドリンク代とか食費とか喫茶店とか喫茶店とか飲み物とかおみやげとか現地での交通費とか

 

以上。

内容をふりかえってみて、今回はツアー先でレコード屋古本屋に全く近づかなかったことに気がつきました。仕事が忙しかったから仕方なかったけど、ちょっともったいなかった気もします。喫茶店はまあまあ行きました。

 

 

それでは、総合計を上記の経費を含めて計算してみましょう。

 

チケット代は、手数料も含めて7公演分合計で、30,968円です。

 

このツアーで使ったお金、総合計は……

 

 

199,138円!!!

 

まあまあ使いました。

 

でも、これが外タレだったら、

東京ドームでのローリング・ストーンズだと考えたら、

日本武道館ポール・マッカートニーだと考えたら、

7公演も観られませんよね。

まあ、おみやげとか喫茶店とか純喫茶とかコーヒーとか、おさえられた経費はたくさんあると思います。総額のうち約4割がドレスコーズ 以外に使ったお金です。もっと上手にやりくりする方法もあるかもしれません。でもわたしの場合、建築めぐり喫茶店も含めてツアーですから。

話がそれた気がしますが、

 

とにかく。

ドレスコーズの全国ツアー “dresscodes plays the dresscodes”は、20万かけても観に行ってよかった!と思うぐらい価値のある、前代未聞の素晴らしいツアーでした。しまのキャリアでいちばんいいツアーだったと思います。逆に言うと、 このツアー全公演を20万で観ることができたと思うと安い!です。

どんなに素晴らしかったかは、次回から書いていきます。

 

 

なんで、お金の話からはじめたのかは、自分でもよくわかりません。

 

 

 

 

 

はじめに。

f:id:madorigirl:20180710210248j:plain

 

もう10年以上追いかけているバンドマンがいる。

彼のバンドの名は、ドレスコーズ

デビューから、今日でちょうど7年目をむかえた。

 

ドレスコーズ は、彼が2度目のメジャーデビューをはたしたバンドである。

4年前の夏、フロントマン・志磨遼平ひとりを残し、彼以外のメンバーが全員脱退。現在は作品/ライブごとにメンバーが入れかわり、形態を変えるという仕組みをとっている。

 

ここまで書いただけでも、なんかワケありで面倒くさそうな感じの男だけど、まさにその通りで、彼のキャリアについて語りだすと一晩では終わらないので、ここでは割愛する。

 

じゃあ何が書きたくてブログを再開したのかというと、ドレスコーズ が昨年発表した5枚目のアルバム『平凡』以降の活動についてだ。

 

『平凡』のリリースを境に、“何か” が大きく変わってしまった。

 

『平凡』以降のドレスコーズ の活動とは、その “何か” の記録だと思う。

 

『平凡』という作品が生まれる前から現在も、世の中は大きな変革の真っただ中にあり、その記録を志磨はドレスコーズ として、音楽や芸術作品で遺している。

 

 

 『平凡』以降、ドレスコーズ が発表した主な作品、ライブは以下の通り。

 f:id:madorigirl:20180710232011j:plain

 f:id:madorigirl:20180710232040j:plain

 

 

◉ 2017.03.01   5th Album『平凡』

 

◉ 2017.03.17 - 04.09  the dresscodes 2017 “meme” TOUR

 

◉  2017.08.23  『国家』(完全受注生産盤)/『公民』(一般流通盤)

the dresscodes 2017 “meme” TOUR FINAL 新木場STUDIO COAST 収録映像作品(DVD/Blu-ray

 

◉ 2018.01.23 - 02.04 『三文オペラ』KAAT神奈川芸術劇場

◉ 2018.02.10 『三文オペラ』札幌公演(大秋楽)  札幌市教育文化会館 大ホール

音楽監督を志磨遼平、全公演でのライブ演奏をドレスコーズが担当。

 

◉2018.04.01  『1954』

カメラマン・森好弘による初期ドレスコーズ を記録した写真集

 

◉2018.05.09  『ドレスコーズ の≪三文オペラ≫』(CD/LP)

音楽劇『三文オペラ』のドレスコーズバージョンを収録

 

◉2018.05.19 - 06.16  “dresscodes plays the dresscodes”

 全7都市で開催された全国ツアー

natalie.mu

 

 

 

初期メンバーでのドレスコーズ を記録した写真集『1954』は、保存用と観る用の2冊を購入したが、発売日に届いた小包の封をいまだに開けられずにいる。

 

 

本当はもっと時間がたってから書くつもりでいたところを、今日書きはじめた理由はいくつかある。

 

先日終了した全国ツアー “dresscodes plays the dresscodes” の東京・新木場でのツアーファイナルを見届けて、大阪に帰ってきた翌朝に発生した大きな地震

そして、先週末には数十年に一度という記録的な豪雨が西日本を襲った。

 

明日死ぬかもしれない。だから今、この瞬間の記録もすぐに残しておかなければならない。

残念ながら、わたしの場合、そういう立派な使命感からでは、決してない。

 

大きな自然災害の影響を受けた今のこの気分は、7年前の東日本大地震の時とも少しちがう。

これも『平凡』以降に変わってしまった “何か” のひとつだと思う。

 

現在もまだまだ世の中は変革の季節にあり、きっとこれからのほうが加速して変化していくだろうけど、それを止めること、世界を変えることはできない。

ただそれを傍観して記録するだけだ。

 

 

 

西日本も例年よりはやく梅雨が明けた。

長くなりそうな夏の間に書き終えられる気はまったくしないけれど、まずは全公演足を運んだ “dresscodes plays the dresscodes” からふりかえり、『平凡』以降、約2年半のドレスコーズ を言葉で記録していこうと思う。

 

 

 

7回目の夏がはじまった日に。

2018年7月11日   235

 

カンテGでやっぱチャイとケーキ

梅田行きのキップ買って♪

梅田に着いてから歩いて徒歩15分ぐらいのところにあるカンテグランデ中津本店。

 

f:id:madorigirl:20171230220829j:plain

日本にチャイを広めたらしい、大阪では有名なお店。(中津本店以外にも数店舗ある。)

f:id:madorigirl:20171230221131j:plain

 

今日は2017年の営業最終日。

誕生日なので、よく一緒にカンテに通う親友がゴータマショコラとアールグレイをごちそうしてくれた。

 

f:id:madorigirl:20171230225116j:plainf:id:madorigirl:20171230221608j:plain

 

 

10年以上カンテに通っているけど、来るたびになんか新しいものがある。

 

 

【今年いきなりできた新しいコーナー・その①】

■カンテ図書館■

 

f:id:madorigirl:20171230222008j:plain

 

名著や、カンテでのアルバイトがきっかけで結成したバンド、ウルフルズが掲載されている音楽誌のバックナンバーなどが置いてある。

 

f:id:madorigirl:20171230222219j:plain

 

96年、ウルフルズブレイク直後の音人。(レア!)

メンバー4人中2人(半分!)の目がちゃんと開いていないという衝撃のカバーから、90年代のブレイク直後のロックバンドと音専誌編集部の多忙さがうかがえる。

f:id:madorigirl:20171231011856j:plain トータス松本執筆の茶新聞。 バイト時代に書いたものと、ウルフルズ結成20周年の年に書いたもの。

 

 

【今年いきなりできた新しいもの・その②】

■カンテオリジナルロゴのトートバック■

 

f:id:madorigirl:20171230222541j:plain

 

10月に見つけ次第即買い。愛用中。

愛用しすぎてて、制作チームの方がわざわざ席まであいさつしにきてくれた……。

 

f:id:madorigirl:20171230222900j:plain

■一昨年他界したカンテの看板猫シロのコーナー■

インドのお香が焚かれている。

 

 

f:id:madorigirl:20171230223025j:plain

■雑貨コーナー■

インドの街並みっぽい(行ったことないけど)。

 

f:id:madorigirl:20171230223203j:plain

f:id:madorigirl:20171230223227j:plain

■インドっぽい手洗い(知らんけど)■

 

 

庭の階段をのぼって外へ出ると、植木の手入れをしていた店長と「よいお年を。」とあいさつを交わした。

明後日の元旦も、カンテは営業してないけど、となりの富島神社に初詣に来ると思う。

 

来年も、再来年も来ると思う。