ぼくだけの Mary Lou

 

このツアーがはじまる少しまえ、家で飼っていたシャム猫が逝った。

 

彼女がやってきたのは、わたしがまだ学生だった頃の七夕の日。

大学から帰ると、家に仔猫がいた。

 

猫アレルギーの娘(わたし)がいて、当時我が家では小鳥も飼っていたのに、突然猫を飼うことになったのは、母が昔実家で飼っていたシャム猫とそっくりな彼女に、その日出会ってしまったから。

 

はじめての猫との生活は、なかなか苦労が絶えなかった。

気の強い彼女は、案の定小鳥を狙い、それを止めるため、引っ掻き傷で血まみれになるわたし。毎晩発作で苦しんで、約1ヶ月のショック療法の末、猫アレルギーだけは克服した。

 

 

母は彼女にも、実家で飼っていたシャム猫と同じ名前をつけた。

 

 

 

 

 

 

 

彼女の名は、メリー・ルー。

 

 

 

 

 

 

8年前の今ぐらいの季節に、ラジオから彼女の名前が聴こえてきた。

 

その歌声は、しま。

いちばん好きなバンドの新作が、彼女と同じ名前だったのだ。

 

メジャーファーストシングルで、当時所属していたレコード会社・日本コロムビアの100周年記念、しま念願のコロちゃんパック仕様。

毛皮のマリーズにとって特別なシングル『メリー・ルー』は、わたしにとっても特別すぎる作品になった。

 

 

 

今年、年が明けた頃から彼女の体力はだんだん衰えていって、週に2回点滴を打ちに通院している状態だった。

チケットは全公演おさえていたものの、そんな状態の彼女をおいて本当に旅に出るかどうか悩んでいた。

 

しかし夏を待たずに、4月の終わり、彼女はひとりで旅立ってしまった。

 

 

七夕の日、大学から帰ると、家にいた彼女。 

突然やってきた彼女との、別れもまた突然だった。

 

仕事から家に帰ってくると、メリー・ルーはベッドの上にいた。

もう、息はしていない。

 

彼女との生活は、はじめうちは困惑したけれど、彼女はわたしのしょーもない10年間、ずっとそばにいてくれて、たいせつな存在になっていた。

 

 

彼女が亡くなった次の日もずっと、お別れをする時間までふたりでいて、

最後に、ベッドで眠るメリー・ルーをスケッチブックに遺した。

 

 

f:id:madorigirl:20181016201951j:image

 

 

 

 

ベットに残っていた彼女の毛を1本、いつもつけているお守りのペンダントにしまって、はじめて彼女と出かけた旅が、“PLAY TOUR” だった。

 

 

彼女と観ていたステージで、“Mary Lou” が演奏されたのだ。

 

毛皮のマリーズのラストライブ以来、ドレスコーズでは、はじめて演奏される “Mary Lou” 。

 

このタイミングでこの曲を歌うなんて……。

しまが「メリー・ルー」と呼びかけるたびに、涙があふれた。

 

毎晩しまは(彼女の身体と同じくらいの)バラの花束をいとおしそうに抱えて、“Mary Lou” を歌う。

 

この曲が歌われているときだけは、しまの声も演技も、美しいメロディも、ベガーズクインテットの演奏もこの空間も…… 、この音楽のすべては、わたしとメリー・ルーだけのもの。

 

わたしの “PLAY TOUR” は、彼女への祈りを捧げるための旅、“PRAY TOUR” だった。

f:id:madorigirl:20181016202111j:image

 

 

 

 

 どのドレスコーズも例外なく、名古屋でのツアー・セミファイナルは、とびっきりロマンチックな夜になる。

 

名古屋の夜も、客席に目を向けることなく、無表情でステージにあらわれたベガーズ・クインテットのメンバーたち。

 

だけど、一度楽器をかまえたメンバーに待ってもらって、ソプラノサックスのリードを交換するケンさんの手つきはやさしく、ていねいで、

“PLAY TOUR” のセミファイナルの “もりたあと(殺人物語)” は、このツアーでいちばん、たいせつに、ゆっくりとはじまった。

 

 

その3日後が、彼女の四十九日だった。

 

わたしはバラの花をたむけて、この旅の最終目的地、海辺のライブハウスに向かう。

 

 

 

しまが “PLAY TOUR” で演じたのは、世紀の大泥棒「マック・ザ・ナイフ」。

  

無数の観客のなかで、自分だけのために歌っているように思わせてくれる人。

 

いくつかの偶然をすべて、運命と信じさせてしまう人。

 

わたしをそんなふうに勘違いさせるロックンローラーは、この世にひとりしかいない。

 

 

真のロックンローラーとは、フアンの心を盗んでしまう『どろぼう』だ。

 

ロックンローラーの本当の価値を数値化するなら、何枚レコードを売ったかではなく、何人の心を盗んだかだと思う。

 

 

『どろぼう』を演じるよりずっと前からしまは、すでにわたしの『どろぼう』なのだ。

 

きっと、これからもずっと。

 

 

 

 

2018年10月16日 

ドレスコーズ 映像作品『どろぼう』発売日前夜に。

 

 

the dresscodes TOUR 2018

“dresscodes plays the dresscodes”

2018.06.10.sun 名古屋 CLUB QUATTRO

 

 

 

kingeshop.jp

 

 

『2018年宇宙の旅』(ドレスコーズ×前野健太<ざくろ>ツアーファイナル@味園ユニバース・レポート)

超大型の台風24号が接近する土曜日の大阪・千日前。

昭和な歓楽街を歩きすすむとあらわれる朱色の大きなビル。

 

まだ明るい時間なのに、キャバレーの入り口からはすでに長い列が伸びていて、この辺り人たちも観光客らしき外国人たちもみんな、行列に目をやりながら通りすぎていく。

 

小雨が降り出し、歓楽街にぽん、ぽん……と傘が咲きはじめた頃、いよいよキャバレーが開店。

朱色のビルに行列がぞろぞろと吸い込まれていく。

 

地下へと続く赤いビロードのらせん階段は、異次元への入り口。

 

きらびやかなシャンデリアをくぐると

目の前に広がるのは大理石のダンスフロアとステージ。

それを眺めるように配置された別珍のソファー群。

電飾が輝く樹木に、天空に浮かぶ無数の惑星……

 

たどりついたのは巨大な宇宙空間。

 

そう、ここは……味園ユニバース

 

この非日常な宇宙空間に見惚れて写真に残すお客さんたち。

今夜ここで、あと十数分もすればはじまるショウは、

 

前野健太×ドレスコーズざくろ≫ ツーマンツアー・ファイナル。

 

 

かつて、キャロル、ピンクレディー和田アキ子が出演したという伝説のステージに、ドレスコーズが、志磨遼平が登場する夜がついに来た。

 

 

元老舗キャバレーの味園ユニバースが、ライブ・イベントホールとして営業形態を変えるというウワサを聞いたのは、毛皮のマリーズの解散が発表された2011年のことだった。

解散までに一度でいいから毛皮のマリーズをユニバースのステージで観たかったけど、その夢は叶わなかった。

 

 

ステージには既に、ドレスコーズのバンドセットが準備されている。

ファイナルのトップバッターは、ドレスコーズ

 

客電が落ち、SEが流れる。

ステージにド派手な照明と電飾が灯る。

登場するメンバーのシルエット。

 

EGO-WRAPPIN'、赤犬ザ50回転ズ、キノコホテル、ROLLYさん… 数々のバンドの名演を観た、この味園ユニバースのステージに……

 

 

つ・い・に!!!

 

 

 

ラメ入りの赤いアイシャドウを塗りたくった、おバカな衣装の志磨遼平登場!!!!!!

 

 

だめだ……、出てきた瞬間、どのバンドも越えてしまった……。

 

 

まだ一言も歌っていないのに……

 

 

今まで観た誰よりも、しまがいちばん味園ユニバース似合っている!!!

 

 

 

 

聴こえてくるドラムのリズムに、なつかしいギターの歪み……

 

  

 

 

曲はまさかのー…… “コミック・ジェネレイション” !!

 

 

 

こんなのって、こんなのって……

 

 

 

 

(メジャーデビューした頃の)毛皮のマリーズじゃないかー!!!!!!

 

 

 

突如、2010年へタイムスリップ!!!!

 

 

 

叶わなかった夢が突然叶う。

 

 

演奏、上手くなったね。毛皮のマリーズ(泣)。

バカみたいに音はでかいのは、昔と変わらない。

 

ギター&サックスは福島健一(ケンさん)。

ドラムは高円寺のキース・ムーン、菅大智(スガさま)。

ギターはTHE NOVENBERS から、ケンゴマツモト。

ベイス、有島コレスケ(ぴょんさま)。

 

メンバーみんなの、毛皮のマリーズとMARIES MANIAへの愛を感じる演奏に、1曲目から泣いてる…… 。

 

 

 

そして2曲目は、 “もあ”ーー!!!

 

アップテンポでのっけからたたみかけてくる!!!

 

しかも『オーディション』からの選曲!!!

 

 

マリーズでも、ドレスコーズでも、しまはユニバースが似合う……(泣)。

 

 

 

 “贅沢とユーモア” もやっちゃえばいいのに。

 

≪贅沢とユーモアで すぎさる時間 この街に嵐が吹くのも知らないで≫ 

 

なんて歌詞も、(台風24号が接近中の)今夜の気分にピッタリなのに!

 

 

 

そして今回のツアーで特筆すべき点は、まず、

ケンゴマツモト(from THE NOVEMBERS)のギターがエロい。(←ほめてる)

 

ドレスコーズ史上ぶっちぎりでいちばんエロい。(←ほめてる)

 

もう、顔がエロい。(←ほめてる)

 

 

そんな本日のドレスコーズ

 

f:id:madorigirl:20180930231558j:image(↑ 写真はしまのツイッターから拝借。撮影は森好弘さん。)

 

 

 

“Ghost” で客席はその名の通り、ダンスホールと化した。

 

 

……あのウワサの、味園ビルのエレベーターのゴーストもここでいっしょに踊ってたりして。

 

なんちって。

 

楽屋で女抱いてきたのかなってぐらいエロいギター(←ほめてる)で、ガンガン踊り狂うお客さんたち(味園ビルのゴースト)。

 

ケンゴマツモトのギターのエロさは外人レベル(←ほめてる)。

 

高円寺のキース・ムーン(スガさま)に、ぴょんさまのベイス、そしてケンさんのサックス&ギター。

 

バンドの編成がほぼジャパンツアーのローリング・ストーンズ

 

スーツのジャケットを脱いだしまのシャツは、まさかのフリンジ付き。長い手足、髪をくしゅくしゅしながらステージを駆け回って歌う姿は、完全に外タレ。ボビーというより、ミック・ジャガーやん。

 

 

ここは70年代後半の味園ユニバース。わたしはドレスコーズという海外バンドの来日ライブを観にタイムスリップしてきました(そんな気分。)

 

 

 

 

100年でも待つから、いつか戻っておいで!

 

という歌詞も、今夜はSF映画のラブシーンのようだわ…… 。

なんて素敵なセリフなの…… 。

 

 

 

高円寺のキース・ムーンのスガさまによる、スガさまの名刺代わりの “ゴッホ”。

なつかしさも感じないぐらいしっくりきていて気が付かなかったけど、スガさまのドラムとしまのラップのツーショットは、オリジナル・ドレスコーズ最後の、あの豪雨のステージ以来だ。

 

そうか、わたしはひさしぶりにドレスコーズのステージでスガさまのドラムを聴くのか。

 

オリジナル・ドレスコーズの曲は、丸山康太山中治雄菅大智の演奏で脳内にインプットされているから、ほかのミュージシャンが演奏するのを聴くとそれはそれでまたちがって聴こえておもしろいし、名曲だから毎回素晴らしいと思う。

 

でも今日は毛皮のマリーズや、しまぼっち期以降のドレスコーズの楽曲が、スガさまのドラムでこんなにちがって聴こえることにびっくりしているし、

いちばん好きなドラマーの演奏で好きな曲を、しかも味園ユニバースで聴けるなんて、やはりエモい

 

 

スガさまのバスドラとコーラスではじまる “ザ・フール” なんかもそうだ。 

ぼっちのバカな人の歌だけど、なんて美しくてやさしい音楽なんだろう。

 

ユニバースで聴くとまるで、極楽浄土にいるみたいだ。

 

味園ビルのゴースト、成仏できたかな。

 

 

 

 

そして、このツアーの “ハーベスト” がとてもいい。

 

ざくろ≫ の花言葉は「成熟した美しさ」。

実ったね 的な名曲 “ハーベスト” は、このツアーにぴったりじゃないか。

 

 

2013年『バンド・デシネ』のレコ発ツアー(KICKS TOUR)のあと、しまがブログ(『日本語のドレスコード』)に、セミファイナルの大阪公演に「両親が来ていた。」と書いてあったのを読んで、

ご両親の前で、自分のバンドでこんな歌を歌うなんて素敵だな。なんか結婚式みたいだな。いい息子だな。と思ったおぼえがある。

 

今日もソファー席に、観にいらしているご両親の姿があった。

 

 

そんな “ハーベスト” のギターソロも例外なく、エロい。

 

ケンゴマツモトの宿泊先のホテルに裸のブリジッド・バルドーがベッドに寝そべって待っていそうなくらいエロい。(←ほめてる)

 

エロいけど、めちゃめちゃ愛があるケンゴマツモトのギター。

 

この曲のギターソロを弾いたケンゴマツモトの名は、わたしが好きな “ハーベスト” の歌詞へと化した。

f:id:madorigirl:20180930232330j:image

 

 

いいなあ、結婚式。

 

いつか結婚するなら味園ユニバースで結婚式を挙げたいなあなんてずっとあこがれているけど、もしそうなったら自分の式で “ハーベスト” を聴きたい。(予定はない。

 

 

『バンド・デシネ』は人生の節目や、たいせつなシーンに聴きたい曲ばかりだ。

 

わたしが人生の最後に聴きたいのは “シネマ・シネマ・シネマ” の丸山康太のギターソロだし、葬式でも “シネマ・シネマ・シネマ” を流してほしい。それははじめて聴いたときから今もずっと変わらない。

 

それに、どれだけのキッズが、“ゴッホ” や “トートロジー” に勇気づけられただろうか。

 

オリジナル・ドレスコーズが遺した『バンド・デシネ』とは、そういうアルバムなのだ。

 

 

そして、《きみは とても きれいだよ》と歌うきみがきれいだよ、しま。といつも思う。

 

 

 

 

わたしは前日の名古屋ではじめて前野健太という人の歌を聴いた。

前野くんの歌も、彼のバンドの演奏もすごくて、ドレスコーズでは観ることができないステージだと思う。

前野くんにも、ドレスコーズみたいなステージはできないと思う。

それぞれが持っている魅力はちがう。

(だから観に来ているお客さんは見た感じ、どちらのフアンなのかなんとなく区別がつく。)

 

でも、“あん・はっぴいえんど” を聴くと、ふたりは似てるなあ、とも思う。

 

≪歌は道づれ≫ なところとか。

かっこいいところもかっこわるいところも全部お客さんに見せて歌うところとか。

ふたりとも俳優も経験しているし、文筆家という肩書もあるけど、音楽がなかったらダメな人だろうな、音楽があったから見つけてもらえたんだろうなと思うところは共通している。

 

 

 

ドレスコーズが演奏する “ビューティフル” は、演奏されるたびにいつもちがった気分にさせられる。

それはMARIES MANIA にとって特別すぎる曲だから。

 

でも今夜の “ビューティフル” は、「そのまま」だった。

歌っているのはドレスコーズのしまで、演奏しているのは毛皮のマリーズではない。

でもスガさまのドラムでそれは、タイムカプセルをあけたようによみがえる。

 

歳をとっても、何年たっても、青春の美しさは永遠。 

 

たいせつな曲がどんどん増えていっても、あの甘い季節は毛皮のマリーズとわたしたちだけの宝物だ。

 

 

 

“ビューティフル” に続いては、“愛に気を付けてね” で、もう今日はしまのベストアルバムみたいなセットリスト。

 

towaie…… “愛に気をつけてね” をライブで聴くのはひさしぶりだ。

たしか、去年の11月26日の「ドレスコーズ with B」以来。1年ぶりか。

 

f:id:madorigirl:20181009123959j:image

髪のびたね、しま。

ホントいつもいい仲間に恵まれているよなあ、この人。

 

わたしに毛皮のマリーズをおしえてくれたのは、THE BAWDIES だった。

(くわしくは前回のブログをドウゾ→味園ビルに恋して。 - 音楽とコーヒーと旅と建築

 

 

そんな “愛に気をつけてね” で、

味園ユニバースは全電力を使う。

 

(あの台風21号の影響による停電を、電気のありがたさを、今は完全に忘れている大阪。)

 

ステージとステージサイドの全電飾ギラギラ。

 

ダンスフロアの全惑星(中は蛍光灯)点灯&ぐるぐる。

 

全ミラーボール点灯&ぐるぐる。

 

お客さんはガンガン(踊る)。

 

このゴージャス空間のどこから観ても、しまはユニバースが似合う。

 

前で観たいから、ドレスコーズのライブに行くといつも、入場してからライブが終わるまでずっとステージ前をじっと動かずに過ごすけれど、

 

今日は、じっとしていられない……!

 

しまのライブをこんなふうに、お酒を飲みながら、自由に踊りながら観るのははじめてかもしれない。

 

まるで、味園ビルに通っていたあの頃みたい!

 

(くわしくは前回のブログ参照→味園ビルに恋して。 - 音楽とコーヒーと旅と建築

 

 

エモい。

 

 

エモいかエロいしか言ってないな、このブログ。

 

 

 

 

 

ざくろ≫ ツアー、ドレスコーズ最後の曲は、

 

しまがひとりで、アコースティックギターとハーモニカで静かに歌いはじめる“晩年”

 

 

前日の名古屋でも、先週の磔磔でも気が付かなかったのに、突然、

毛皮のマリーズ『Restoration Tour 2010』磔磔公演で “晩年” を歌うしまがフラッシュバックする。

 

周りが民家のため、21時までに音を止めないといけない磔磔

 

アンコールの後、もう一度ひとりでステージに戻ってきたしまは、マイクも通さずに生音のアコースティックギター1本で “晩年” を歌ったのだった。

 

若いバンドの、しかもメジャーデビューのレコ発なのに、ひとりぼっちで歌うしま。

 

その不思議な光景が目と耳に焼き付いているのは、ひどくいい歌だったから。

 

 

≪でもぼくは どうしても 人を憎む事ができない

 だからずっと 自分を憎んで立っていよう ≫

 

 

あの頃も今も、志磨遼平ってそんな人。

 

バンドが変わっても、世界がどう変わっても、きっとそれは変わらない。

 

 

時空を超えてやってきた8年前の磔磔のしまが今日のしまと、ユニバースのステージでまさかの共演。(※わたしの脳内の話です。)

 

 

今日は、ひとりぼっちじゃない。

ふたりのしまが歌う “晩年” を、外タレドレスコーズの壮大な演奏でさらにバックアップ。

 

…… 宇宙ってすごい。

 

 

いや、名曲はカンタンに時空を超えるのだ。

 

 

いくつもの名場面で魅了し、ほぼSF体験ドレスコーズのステージは幕を閉じた。

 

 

 

 

ゴージャスなトイレ(壁も床も大理石!)で化粧をなおしていると、トリの前野健太&ビッチボーイズのステージが聴こえてきた。

 

バーカウンターに寄ってダンスフロアに戻ると、前方にドリンクを持ったぴょんさま。そのさらに前方では「日本一エッチなギタリスト」(てしまがメンバー紹介してた)もジム・オルークさんの演奏に観入っている。

 

さっきまでステージで演奏していたバンドマンが、同じ客席でライブを観ている。

 

対バンイベントのこういうところもすごく好きだし、なんかひさしぶりだ。

 

 

 

前野健太&ビッチボーイズのステージが終わるとすぐに、前野くんがまた出てきて、しまをステージに呼びこむ。

 

アンコールでは、ツアー初日の本番5分前に完成したという、前野くんが作詞、しまが作曲の新曲 “男と女(仮)” をふたりで披露するのだけど、今日は曲がはじまるまでが長い……。(ずっと前野くんが、男と男についてと、しまとぴょんさまのBL話(妄想)について延々と話している。)

 

ケンさんとケンゴマツモトが、まだ曲がはじまってないのに急に客席から裏に戻っていった。あとで石橋英子さんとぴょんさまのツイートで判明したけど、このときとっくにアンコール終了予定時刻を過ぎていたようだ。

 

20分以上しゃべってようやく、“男と女(仮)” を歌う気になった前野くん。

『ぼくらの音楽』の椎名林檎向井秀徳みたいに(しま談)、ふたり向い合って歌う。

(This is 向井秀徳なだけに。これな。↓)

www.youtube.com

 

メールでしまに好きな言葉を聞いて前野くん書いたという歌詞がとてもいい。

新宿とか、カフェテラスとか、スマホとか、進化とか、退化とか、泳ぐ、とか…… 登場する生物は小鳥ではなく魚。(よかった。)

 

しまが書いた曲も、しまの今までのどの曲にも似てないし、成熟していて、せつない。

なんか懐かしいけど、あたらしい。今この時代をよく映しているいい曲。

今ここでジャケット撮ってシングルにすればいいのにってぐらい、このツアーにぴったりで、味園ユニバースに似合っている。

 

前野くんは、≪男と女なんて、もう古いかな しまさん。≫ と歌うけど、しまは「前野くん」とはつけて歌わない。

 

仲がいいのかどうかよくわからない、独特の関係性のふたり。

 

ダブルアンコールでは、客席からお題の言葉を募って、即興のセッションで歌う。

しまが曲を作っているところをはじめて見る。

目には見えないけど、ふたりの濃密なエネルギーのやりとりをビシバシ感じる。

きっと今、しまの脳細胞はビュンビュン活性化していて、すごいことになっている。

『君の脳内をみたい』

 

 

ダブルアンコールのあとも、何度も前野くんに連れ出されて出てくるしま。

もう、何回出てきたかわからない。

そのたびにふたりで即興の歌を歌う。

ほぼむちゃぶり。これ、最終的にどうやっておさめるつもりなんやろう…… 

 

しまがドラム(8ビート)で、前野くんがギターと歌のバージョンもあった。

 

 

結局このツアーの最後に演奏されたのは、即興ではなく、しまが歌う “スーパー、スーパーサッド” だった。(前野くんがドラム。)

 

ひとりぼっちの歌でツアーをしめくくるしま。

ザ・フール” にしても、“晩年” にしても、このツアーでしまはよく、ひとりぼっちの男の歌を歌っていた。

 

f:id:madorigirl:20181010214106j:image

 

前野健太と志磨遼平。

 

ふたりとも言葉の人。

ふたりとも音楽にすべてを捧げて、ひとりで芸術と向き合う人。

 

今までドレスコーズが対バンしてきたバンドとはちがった意味で似ているふたりの旅 ≪ざくろ≫ ツアーでは、お互い相手のそういった本質的なところを見て、刺激を受け合い、影響を与えあっているのだろうか。

 

だから、今までのツーマン・ライブを観ていたときとは全くちがう気分なのかな。

 

いろんな時代の名場面を見てきたけど、今は2018年で、『平凡』と『三文オペラ』、そしてあのすばらしい「PLAY TOUR」を経たここがしまの現在地なのだ。

(……ってPLAY TOUR のファイナルでも思ったわ。PLAY TOUR のレポはやく書こう……)

 

ふたりのとてもいい旅が観れたのも、このタイミングで前野くんがしまを旅に誘ってくれたのも、きっとお星さまのめぐり合わせだと思う✨✨

f:id:madorigirl:20180930232313j:image(↑ 写真はしまのツイッターから拝借。撮影はたぶんしま。) 

 

 

(おしまい)

 

 

磔磔のレポートはこちら。↓

京都磔磔における室内楽のドレスコーズ - 音楽とコーヒーと旅と建築

 

味園ビルに恋して。

大阪千日前、裏通りの歓楽街にひときわ魅惑のネオンを放つ、わたしがかつて恋をした「味園ビル」がある。

 

f:id:madorigirl:20180925001713j:image

 

1950年代にキャバレー、ダンスホール、ホテル、宴会場、スナック街を含む、複合レジャービルとしてオープンした味園ビルは、1980年代のバブル経済期まではミナミを代表する存在だった。

父や叔父の話によると、地下にあったダンスホールに(永ちゃん脱退後の)キャロルがよく出演していたり、当時ゴーゴーが流行っていたので、若者もよく踊りに行っていたらしい。

ここ数年の間に、NHKの『ドキュメント72時間』で「大阪ミナミ・真夜中のアングラ長屋」として放送されたり、戦後ビルマニアたちからも注目を集め、いくつかの写真集や、一般向けの建築本にもよく味園ビルが掲載されている。

 

全盛期は1000人ものホステスが所属していたという地下のマンモスキャバレー・ユニバースが2011年に閉店し、ホール貸しされるようになってからは、EGO-WRAPPIN'の年末恒例ライブ『Midnight Dejavu』や、年始にも『味園EXPO』というおもしろいライブイベントが開催されていて、今わたしにとって味園ビルは、年末年始に毎年顔を出す親戚の家みたいな存在かもしれない。

 

わたしが味園ビルに恋をして足繁く通っていたのは10年くらい前、毛皮のマリーズを知った頃だった。

当時大阪のクラブシーンで活躍していたTRIBECKER(トライベッカー)というバンドが好きで、ほとんどのライブに通っていた。

バリトンサックス、トランペットが入った編成で、ジャズとロックを混ぜ合わせたようなサウンドにのったボーカル・片岡澄人さんの歌声を、ヴィレヴァン視聴した瞬間、(こんなバンドをさがしていたーー!!!)とひと耳惚れしてしまい、直近の梅田シャングリラではじめて彼らのステージを観るともう、どハマりした。

 

TRIBECKERのライブでステージの最前列にいつもいるおねーさんたちが、(サクラか?)と思うくらいすっごい美人ばっかだったし、フロアの後ろのほうで踊っているフアンの人たちもみんなおしゃれでかっこよかった。

音楽もライブもビジュアルもお客さんも、TRIBECKERのなにもかもがかっこよかった。

なにこのおしゃれな大人の世界!とあこがれたあの世界観は、高山泰治さんが手がけるジャケットにもよく写しだされていると思う。

f:id:madorigirl:20180925012058j:plain

 

とにかく自分もあのかっこいい人たちのいる空間に溶け込みたくて、がんばっておしゃれしてライブハウスに通って、ステージが終わったあともフロアでメンバーとか、すっごい美人なおねーさんたちとか、おしゃれでかっこいい人たちと仲良くなって話をしたのがたのしかったなあ。

年上のフアンの人たちが「こんないいライブ観たあとに蛍光灯ガンガンの電車乗って帰るのヤじゃない?」とか言ってて、便乗してタクシーでミナミに行って朝まで飲んだのとか(今考えると、気持ちはわかるがめちゃくちゃな理由である)、思い出がたくさんある。みんな元気かな……

わたしにライブハウスの文化や、夜遊びのしかた、あたらしい世界をおしえてくれたのは、TRIBECKERだった。

毛皮のマリーズに出会ったのも、TRIBECKERと何度か対バンしていた、インディー時代のTHE BAWDIES の ROY と話していたときにおしえてもらったことがきっかけだった。

 

そのTRIBECKERがはじめて主催したイベント『LADY LUCK』に、味園ビルに店を構えるBAR「涙のイタリアンツイスト」(以下イタツイ)が、出店していたのだ。(店名はモチロンあのバンドの曲名から。)イベントで「味園ビル」をはじめて知り、おもしろい話をいっぱい聞かされてはやく行ってみたくなった。

 

次にTRIBECKERが出演したのは、アメ村の今はなきPIPE69(パイプロック) という小さなライブハウスで開催された、マネースパイダー主催の『HOUSEROCKIN' 』(通称:ハウロ)という、オールナイトのイベント。

ライブがハネた午前3時、始発までどうしようかと言ってたときに、TRIBECKERのメンバーにイタツイに行ってみたいと言ったら、お店に電話をかけてくれたので、ファン3人でアメ村から味園まで歩いて行くことにした。

 

今みたいにGoogle Maps とかないから、面倒見がいいおにいちゃん(TRIBECKER のメンバー)におしえてもらった道順を思い出しながら、真夜中のミナミをおそるおそる歩いていくと(割と人がいなくて静かだった)、味園ビルが建つ通りについた。

周辺の飲食店はすでに閉店している時間。

暗闇のなか、向かいのラブホよりもひたすらギラギラしたネオンの看板が目立つでっかいビルを目にした瞬間、わたしは恋に落ちた。

 

f:id:madorigirl:20180925004410j:image

f:id:madorigirl:20180928011918j:image

ビルの前まで歩いて行くとあらわれる、噴水を中心に描いたスロープが魅力的すぎて、スロープをうまく歩けない(←たぶんライブで遊び疲れたのと歩き疲れたのとお酒のせい)。

 

なんとかスロープを3/4周歩き進んだところで、大理石の壁、見たことのないデザインのペンダントライトがある2階の入り口にたどり着いた。

f:id:madorigirl:20180925004431j:image

 

数段の階段を昇ると、映画のなかに迷い込んでしまったような世界が広がっていた。ここは日本か? これは夢なのか?と思ったけど、ムリして履いたヒールの靴ずれが痛いから、夢じゃない。

入り口の数段の階段を昇ったところから伸びるなが〜い廊下の両サイドにドアがたくさんあって、いろんな看板がある。そしてそのドアの奥ぜんぶがお店になっているようだ。

f:id:madorigirl:20180925004536j:image
f:id:madorigirl:20180925004534j:image
f:id:madorigirl:20180925004530j:image

よく見ると廊下はゆる~いスロープになっていて、突き当りを曲がるとまたスロープになっていて、迷子になりそう(嬉)! 

スロープを何周かぐるぐるまわって、何度か通りすぎてやっと「涙のイタリアンツイスト」の看板と、真っ赤な扉をみつけた。

 

ドキドキしながら真っ赤な扉をあけると、なんと!お店の中も真っ赤だった!

奥に長いお店のカウンターには、すでに3枚のコースターが置かれていて、『LADY LUCK』に来ていたバーテンのジュンくんとシュウくんが待っていてくれた。

無造作ヘアーが流行っていた時分に、ポマードでビシッとキメたジュンくんとシュウくん。ふたりの50's ヴィテージでアメリカンなお洋服の感じも好きだし、音楽の好みもよく合う。

それ以来ライブのあとや、夜遊びの最終目的地はいつもイタツイで、真夜中から朝まで、お酒を飲みながらジャズやソウルミュージック、永ちゃん、ときにはやしきたかじんのレコードを聴きながら過ごした。

音楽の話も恋バナもよくしたし、仕事の話とか悩みも聞いてもらったり。マーヴィン・ゲイの “Stubborn Kind Of Fellow” とトータス松本のカバーとレコードを聴き比べて遊んだりもしたなあ(←トータスすごいな!!!てなった)。

 

朝が来て、赤い扉をあけてゆるいスロープをとぼとぼ降りていくにつれて、明るくなった外の光が見えてくる。

もう夜が終わって、味園ビルを離れないといけない。離れたくない。

外のスロープの中心の噴水から聴こえてくる水音は、いつも切なかった。

f:id:madorigirl:20180925004745j:image

 

味園ビルには数年通ったけど、TRIBECKERのメンバーの半分が上京してライブがほとんどなくなったこと、イタツイが味園ビルから移転したこと、そしてわたしはもっと夢中になるバンドを見つけて、味園に行く理由はなくなっていった。

 

時代は変わってゆく。

 

今、味園にはもう、知っている人のお店はひとつしかない。

表のスタイリッシュなモノトーンの看板もあの頃はなかった。

毎年のようにお店が入れ替わっているし、20代の若い人を多くみかける。

味園は、若い経営者たちが夢をかなえるための修行の場なのかもしれない。

シュウくんとジュンくんが味園にイタツイをオープンしたのは、24歳のときらしいし(ふたりはしまと同い年)、自分とあまり歳がかわらないのに若いふたりでお店を経営していて、深夜なのに満席のときも多くて、もっと広いところに移転していって、いつもすごいなあと思っていた。

こないだ今のイタツイでジュンくんと、「味園は若い人のところやからね。あの頃はみんな若かったね。」なんて話していた。 

 

戦後ビルマニアの間では、そのビルが男性か女性かについて討論することがよくあるんだけど(←キモい)、味園ビルは女性だと思う。

今は多くの若者の、そして50年代から男性たちの、いつの時代も無数の夢をやさしく包み込んできた女性だ。

 

 

・「味園ビル」を知るきっかけになったイベントのTRIBECKERの対バンが小島麻由美さんだったこと。 

f:id:madorigirl:20180925005623j:plain

味園ビルに行く前にたまたまPIPE69に寄ったら、その日もハウロのライブがハネたあとで、壁側にしゃがんでいた髪と足のやたら長いお兄さんがいて、その人はあとで知る毛皮のマリーズのしまだったこと。

・『味園ユニバース』という映画は、ドレスコーズのデビューシングル『Trash』が主題歌になった映画『苦役列車』と同じ山下敦弘監督の作品だということ。

・TRIBECKERが対バンしたほとんどのバンドが、毛皮のマリーズとも対バンしていたり、関わりをもつこと。

 

わたしとしま、TRIBECKER、味園ビルにまつわるエトセトラをあげていくとキリがないけど、TRIBECKERに出会わなかったら、わたしは今もしまの音楽に出会えていなかったかもしれない。

 

味園ビルはわたしの、あのあまい季節の象徴のような存在なのだ。

 

あの味園ビルに今週末しまが、ドレスコーズが来る。

 

 

 

こういうの、エモいというのでしょうか。

 

 

 

 

ここまで書いたことはわたしの個人的な想いだけど、前野健太さんとしま、新宿系のおふたりに味園ユニバースなんて、ぜったい似合うと思う。

前野健太×ドレスコーズのツーマンツアーのファイナルに、これ以上ふさわしい場所はない。

 

 

ただひとつだけ、問題がある。それは、ファイナルの日程である。

毎年たのしみにしている年に一度のウルフルズのヤッサ@万博記念公園もみじ川芝生広場とがかぶってしまった……。

 

f:id:madorigirl:20180925004941j:image

 

つらい……。

 

しかし悩むことなくわたしは今年、万博ではなく、味園に行く。

ウルフルズではなく前野健太×ドレスコーズを選択する。

 

これは、行かないと絶対後悔すると思います。

 

全国のみなさん、来週9月29日(土)味園ユニバースでの、前野健太×ドレスコーズざくろ ~歌をくわえた犬たち〉というツーマンツアーのファイナル公演に必ず行きましょう。

 

そして台風24号は、こっち来んな!!

 

maenokenta.com

 

 

京都磔磔における室内楽のドレスコーズ

2014年4月1日 『京都磔磔における初期のドレスコーズ』以来の、磔磔でのドレスコーズのライブ。

しかし、4年前とはしま以外全くメンバーがちがう

今日は京都在住の音楽家によるバイオリン、チェロ、ギター、ドラムという、はじめて観る編成のドレスコーズだ。

磔磔でバイオリンとチェロを聴くのも、わたしは人生初。

 

対バンは、ギリシャラブとキツネの嫁入り

トップバッターのギリシャラブが終わる頃、ドレスコーズのいつものカメラマン2名が準備を始めたので、2番目の登場と勘づく。

映像カメラマン(日本代表GK川島似)は、『カメラを止めるな!』の「ONE CUT OF THE DEAD」Tシャツを着ている。

 

ギリシャラブのステージ終了後、楽器を片付けたメンバーが客席の袖を退場していくたびにお客さんから拍手が起こる。磔磔の対バンライブってこんな感じだったっけか? 今まで経験したことのない、あたたかいイベント。お客さんがあたたかい。

今までギスギスした緊張感のある対バンのイベントにしか行ったことがないかもしれん。(過去にドレスコーズ主催の対バンイベントは「VS SERIES」と銘打っていたくらいだし。)

 

バイオリンやチェロをかかえたメンバーがステージに移動し、いよいよドレスコーズの出番。

しまは、“贅沢とユーモア” の MV で着ていたシャーツで登場して、「こんばんは、ドレスコーズです。」と一言。

今日のイベントのチラシには「志磨遼平(ドレスコーズ)」と表記されていたが、しまはあくまでドレスコーズ、バンドとして出演しているつもりの印象。こちらもそのつもりで観ている。

 

1曲目 “嵐の季節(はじめに)” のイントロを聴いただけで贅沢な気分になる。

バイオリン、チェロ、エレキギターという斬新な弦楽三重奏の音の重なりが、めちゃくちゃかっこいい!イイ!すごい!もっとほめたいけど言葉が見つからない。)

そして、ギリシャラブ・山岡錬さんが弾く“嵐の季節” のギターソロめちゃめちゃよくないですか? さっきのギリシャラブのステージより、ドレスコーズのギターのほうがイイと思う!!(すみません。)

磔磔はひさしぶりなこととか、磔磔の神様の話とか、フロアのど真ん中にある柱(磔磔は木造2階建の元酒蔵だから真ん中に大黒柱がある)がキライじゃないこととか、今日のこの編成に至った経緯とかを話していたけど、ここのMCではわりと何言っても客席はシーン…… と静まりかえっていて、さっきのあたたかい雰囲気とは打って変わり、ただよう緊張感があった。

 

2曲目 “Lily” のときに、今日はこの編成で聴くワケだから、今日聴くドレスコーズの全曲が、はじめて聴くバージョンだということに気付く(←遅い)。

もちろん今日のセット全曲がよく知っている曲だし、特に好きな曲ばかりだけど、ぜんぶ新曲に聴こえる。

しまは “Lily” を「ひとりになった心境を歌った曲です。」と紹介していたけど、バイオリンとチェロが入ると、ぼっちしまを包み込むようなやさしいメロディーが、もっとやさしく聴こえる。

さっきはシーン……としていた客席が、“Lily” 効果なのか、MCがウケてきた。MCというか、今日は漫談をまじえて曲を進めるスタイルらしい。

ただ、しま声ちっちぇ!! (←4年前とちがうところその2) 

ぼそぼそしゃべるしまの声は、フロアのいちばん後ろで観てると、2階の楽屋? からコトコトきこえる足音のほうがでかくてところどころ聞こえない…… 室内楽だけに、完全に部屋にいる想定のボリュームで漫談をするしま。でも確実に客席から笑いをとっている。気になる。いつか今日の漫談集、カセットテープかなんかで出してください。

 

イガキアキコさんのバイオリンではじまる、バイオリンのための “星の王子さま”。

3拍子の曲が好きだ。いつどこでどんな演奏で聴いてもすばらしいのが名曲だけど、バイオリンのためのこの名曲を、バイオリンの生演奏で聴けることなんて、たぶん数回しかないだろう。

毛皮のマリーズ『ティン・パン・アレイ』リリース時のプロモーションで、しまがFM802に出演していたときに “星の王子さま(バイオリンのための)” をリクエストしたら、この曲は数分で完成したこと、名曲は割と数分でできることが多いということを、ラジオで話してくれたのを思い出した。

 

ここのMCでもまた漫談が聞こえづらい。(2階で何をやっているのだろうか……)

なんか途中、しまが「音楽って、すごいですね。」とか言ってるのは聞こえて耳を疑った。

しまどうした? 気になる。

 

 

今日の “ダンデライオン” は、バイオリンの前奏の前にたっぷり中川さんのチェロが聴けるバージョン。

前奏のときしまの姿が見えなかったのは、しまもおふたりのソロをしゃがんで、じっくり聴き入っていたのだと思う。

バイオリンとチェロのあとに入ってくる錬さんのアコースティックギターがまたイイ!

西くんとぴょんさまが弾く“ダンデライオン” より好きだ。(すみません。)

わたしのすごく好きなところで、「歌詞をまちがえたよ~♪ フフフ~ン♪」と間違えた申告をメロデイーにのせて歌うしま。今年のPLAY TOUR で “ダンデライオン” の歌詞をまちがえてたらどえらいことになっていたけど、今日のお客さんはあたたかい

 

ほぼYOSHIKIと同じ経歴をもつドラマーの樋口さんがピアノに座り変えて、バラードバージョンの “Trash”。

樋口さんのピアノとしまが吹くハーモニカの前奏に聴き入っていたのに、歌い出してすぐのところでまたしまがまちがえて、「すんません、もっかいやらしてもらっていいスか?」と曲を止める。でも、お客さんはあたたかい。前奏、2回聴けてよかったス。

歌詞を、セリフのようにささやくしま。今日の “Trash” は、この1曲だけ聴いても、オペラを観ているみたいだった。

 

今日のメンバー紹介は、1曲につき、おひとりずつ紹介するこれまた漫談スタイルだった。ステージ終盤、もう一度メンバー紹介をするときにイガキアキコさんを「バイオリン、樋口さん。」と紹介……(樋口さんはYOSHIKIの経歴のドラマーである。)でもやはり、お客さんはあたたかい

 

 

毛皮のマリーズがメジャーデビューしたツアー(『Restoration Tour 2010』おとぎ話、Qomolangma Tomato と対バン)以来、8年ぶりに磔磔で聴く“ビューティフル”。今日最後の曲だ。

f:id:madorigirl:20180923000225j:plain

↑ 2010年6月13日『Restoration Tour 2010』@京都磔磔 当日のしま(イノダコーヒ三条本店前)

 

近い将来、毛皮のマリーズが解散して、チョモの山中治雄がしまとドレスコーズを結成して、その2年半後ドレスコーズからしま以外のメンバー全員が脱退して、しまぼっちのドレスコーズになって、そのあとおとぎ話がドレスコーズのメンバーとしてしまと一緒にツアーまわるとか、つまり、8年前のあの日磔磔にいたほとんどのバンドマンとしまはバンドを結成しているという事実も、あのとき磔磔にいた誰ひとり想像できなかっただろうな。

磔磔の神様はわかってたのかな。

 

あの日のわたしが、今日の “ビューティフル” を聴いたら、(しまなにまるくなってんだよ!もっときゃんきゃん言えよ!)って思うかな。

キリスト教徒のような仕草で柱に向かってお祈りをしながら “ビューティフル” を歌う今日のしま。なんか、8年でいろいろありすぎて悟りをひらいているようにも見えたし(スピリチュアル発言連発したせいかもしれんけど)、磔磔の神様がキリスト教なのかどうかは置いといて、10年前の人生複雑骨折してドラマ型統合失調症のしまが(←それは今も治ってないと思うけど)書いたこの曲が、歌い続けられることで楽曲事態も成長し、重みを増しているように今日のわたしは感じている。

昨夜のスタジオではじめて対面したはずの5人の音楽家による短いステージは、わたしがはじめて磔磔でしまを観た日から8年あまりの様々な出来事が帰結して起こった奇跡のようにも思えた。

今日磔磔の小さな室内で、しまの長年の夢だった旅先の音楽家と演奏すること、小編成の室内楽風のアンサンブルで歌うことの2つが同時にかなったこと、そして特別な奇跡を観ることができたのは、音楽を続けてきたしまと、しまを見つけてずっと観てきたわたしたちへの、磔磔の神様からのご褒美だったような気がする。(←しまのスピリチュアルがうつった。)

今日磔磔で経験したことも、8年前の毛皮のマリーズ、4年前の『京都磔磔における初期のドレスコーズ』のように、一生忘れないんだろうな。

 

そして奇跡のステージを終えたしまが、お客さんのあたたかい拍手のなか退場していったあと、「ONE CUT OF THE DEAD」Tシャツを着た川島似のカメラマンが、フロア後方に設置していたカメラを止めた!!!

 

 

ライブのあと秋の京都の夜道を歩いていると、“ビューティフル” の西くんのギターが聴きたくなった。

毎年秋がはじまる頃に、西くんのギターが聴きたくなるのはなぜだろう。

 

(おしまい)

 

 

インテリア・DIYの相談サービスをはじめます(ツイッターで)。

f:id:madorigirl:20180813165826j:plain

 

平成最後の夏に、なぜか自分の経歴をふりかえっています。

 

大学を卒業後、なんとなく住宅メーカーに就職して会社が解散して、インテリア会社に転職して、今はまた別の住宅メーカーの設計部門に勤務しています。

住宅業界で働いて約10年。数えてみると(←ヒマか)、1000軒以上の住まいづくりに関わってきました。

主に戸建住宅の設計の仕事をしていますが、自宅を新築されるお客様と接して感じるのは、新築やリフォーム、引っ越しなど、大きな機会がないと、住まいに手を加えたり使いやすく改善しながら住まう習慣がない方が多いということです。

みなさん結構、住まいのことを後回しにされているのです。

 

それは、カーテンや照明器具、家具、内装材などを一般の方が気軽に購入できるところが少ないことも原因です。

カーテンや内装を変えるとなると、インテリアコーディネーターやリフォーム会社に依頼することのような、おおごとな感じがするし、昔よりインテリアショップは増えたとはいえ、1窓分だけカーテンを変えたい場合、ラグを買いかえたい場合、どこに買いに行けばよいか、どこから選べばよいか、悩んでしまいませんか?

 

ニトリやイケア、雑貨屋さんで買った丈の足りていない既製品のカーテンをそのまま使っていませんか?

 

レースのカーテン、やぶれたまま使っていませんか?

 

DIY で貼り換えようとしている壁紙や床材、もっと色んなメーカーのカタログから選びませんか?

 

お洋服を買い足すぐらいの気軽さで、お部屋をちょっといい感じにしませんか?

 

このブログをご覧いただいた方の住まいの「使えなくはない」を、「ちょっといい感じ」に変えるお手伝いを、今日からはじめようと思います。

 

 

≪具体的にできること。≫

  • インテリア・DIY・収納に関する相談
  • オーダーカーテンの手配(※下記参照)
  • DIY用内装材(壁紙・床材など)の手配(※下記参照)
基本的にTwitterのダイレクトメール機能を使って打ち合わせをしますので、遠方(大阪から)の方のご相談も可能です。
タイミングが合えば、大阪近郊の方や大阪にいらっしゃる予定の方と実際にお会いして打ち合わせをすることも可能です。タイミングが合えば。
 

≪料金について≫

まずは、ご相談と見積までは無料ではじめようと思います。

カーテン、内装材などの商品をご注文いただく場合に商品代(と送料)が発生します。

家具などの DIY のご相談で、詳細設計が必要な場合は設計料を見積させていただきます。


 

☆★☆ オーダーカーテンの手配について ☆★☆

■1窓からお受けします。

■国内メーカーはほぼ取り扱い可能。

■オーダー製品のため、ご注文後のキャンセルはできません。

■ご相談から手配の流れ(例)

  1. オーダーされたい窓(またはレール寸法)をご自身で採寸をお願いします。(←ここめっちゃ大事なんで、採寸方法はくわしく説明します。)
  2. イメージやご予算をお伺いし、カーテンの生地やスタイルをいくつか提案、または取り扱い可能なメーカーのWEBカタログからお選びください。
  3. 選定された生地で、カーテンの製作寸法を算定、見積をします。
  4. 見積内容でご成約・ご注文後、カーテンの製作をメーカーにオーダーします。
  5. 完成したカーテンをご自宅に送付します。カーテンレールへのつり込みはご自身でお願いします。

※カーテンの生地の質感、色を確認されたい場合は、尺角サンプルの手配も可能です。

お近くのメーカーショールームでの確認も可能です。

※ロールスクリーンやブラインドなどのメカ類も、ご自身で取り付け可能な場合に限り、手配可能です。

 

☆★☆ DIY用内装材(壁紙・床材など)の手配について ☆★☆

■国内メーカーはほぼ取り扱い可能。

■ご注文後のキャンセルはできません。

※取り扱い可能メーカーのWEBカタログからお選びください。

※壁紙(クロス)は床材(クッションフロアー)は1mから、コルクタイルなども1枚からなど、少量をご希望の場合も手配可能な場合がほとんどですので、一度お問い合わせください。

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

 

特にこれといった才能はなく、「1000軒」という数字だけが私のとりえです。いろんな住まい、いろんなお客様と関わってきた経験が、まあまあお役に立てると思います。

プライベートで友達や知り合いの相談を受けてきた延長でとりあえずはじめてみて、そのつど改善していくつもりです。

ちょっとインテリアに詳しい友達に相談するノリで、お気軽にご相談ください。

 

ご相談はツイッターのDMからお願いします。

twitter.com

 

 

 

 

 

 

 

 

ツアー全通のススメ。

結論から言います。

 

 

10万円あればドレスコーズ のツアー、全通できます。

※出発地:大阪の場合。

※チケ代、ドリンク代は除く。

※現地での食費移動費おみやげ代ロッカー代なども除く。

※遠征費(宿泊費+旅費)のみ。

出張の場合、会社に請求できるお金と考えたらわかりやすいと思います。

 

今回のドレスコーズのツアー “dresscodes plays the dresscodes” の予算。 

f:id:madorigirl:20180712215656j:plain

昨年末、今年の手帳をおろしてはじめて書いたページ。

 

あれは去年のクリスマス・イヴ。

ツアーの開催が発表になり日程を見た瞬間、いける!全通する!ありがとうサンタさん!とすぐさま来年(ていうか今年)のまっさらの手帳に予算案を書きました。先手必勝(使い方合ってますか?)で、ツアーのチケットの先行予約がはじまる前からホテル検索、各社航空会社のサイトをヒマがあれば見て、情報をメモりました。お金の計算は苦手なほうですが、ツアーの予算を考えるのは、めっちゃたのしいです。遠足の前日の比じゃないです。

 

今回のツアーのテーマは「とにかく安く!」ではないです。

もうオトナだし、仕事が忙しい時期だったので、以下のポイントをふまえて予算を組みました。

  • 遠方への移動は、飛行機か新幹線。(バス・鈍行は使わない)
  • LCCを使う場合も広めの席を事前に確保。(フライト中に仕事をするため)
  • ライブ会場に徒歩で行けるホテルに宿泊する。(手ぶらでライブに行けるように)
  • できるだけ大きい机があるビジネスホテルに宿泊する。(ホテルで仕事をするため)

ツアー中、東京も急遽日帰りから泊まりに予定変更したため、最終的には合計114,820円でしたが、変更前の予算は、合計100,440円でした。

全部飛行機と新幹線。調子に乗ってJALクラスJに何回か乗ってこのお値段。クラスJのシートに座って雲の上で飲む、川島良彰氏プロデュースのコーヒーは本当に美味しかったです。JALのCAさんの制服のワンピースがいちばんかわいいと思います。JALが大好きになりました。

今回はまあまあのリッチコースでしたが、例えば新幹線のきっぷを金券ショップで買ったり、高速バスを使えばもっともっと安くおさまると思います。10万あればヨユーです。しかも10万一括で支払うわけじゃないし、ツアーの半年くらい前からコツコツ払っていくワケだから、そんなにキツくありませんでした。

 

 

では、ツアー先で使った経費を財務アプリを見てふりかえってみます。

 

◉初日仙台(5/19-5/20 仙台泊)8,902円

内容:飲み物とか牛タン定食とか喫茶店とかドリンク代とかセブンのコーヒーとか空港までの交通費とかおみやげとか

 

◉2本目札幌(5/26-5/27 札幌泊)14,665円

内容:セブンのコーヒーとパンとか飲み物とか喫茶店とかドリンク代とかジンギスカンとかドトールとか空港までの交通費とかおみやげとか

 

◉3本目福岡(6/2 日帰り)10,343円

内容:豆乳とか空港でスタバとかコワーキングスペースとかラーメンとか喫茶店とか喫茶店とかドリンク代とか空港までの交通費とかおみやげとか空港でラーメンとか

 

◉4本目岡山 (6/3 日帰り)3,940円

内容:喫茶店とかロッカー代とかドリンク代とかラーメンとかおみやげとか新幹線の中でもみじ饅頭とセブンのコーヒーとか

 

◉5本目大阪(6/9 地元)600円

内容:ドリンク代

 

セミファイナル・名古屋(6/9 日帰り)2,743円

内容:飲み物とかロッカー代とかドリンク代とか喫茶店とかおみやげとか現地での交通費とか

 

◉ファイナル・東京(6/16-6/17 東京泊)12,157円

内容:ロッカー代とか喫茶店とか建築の日本展とか喫茶店とかドリンク代とか食費とか喫茶店とか喫茶店とか飲み物とかおみやげとか現地での交通費とか

 

以上。

内容をふりかえってみて、今回はツアー先でレコード屋古本屋に全く近づかなかったことに気がつきました。仕事が忙しかったから仕方なかったけど、ちょっともったいなかった気もします。喫茶店はまあまあ行きました。

 

 

それでは、総合計を上記の経費を含めて計算してみましょう。

 

チケット代は、手数料も含めて7公演分合計で、30,968円です。

 

このツアーで使ったお金、総合計は……

 

 

199,138円!!!

 

まあまあ使いました。

 

でも、これが外タレだったら、

東京ドームでのローリング・ストーンズだと考えたら、

日本武道館ポール・マッカートニーだと考えたら、

7公演も観られませんよね。

まあ、おみやげとか喫茶店とか純喫茶とかコーヒーとか、おさえられた経費はたくさんあると思います。総額のうち約4割がドレスコーズ 以外に使ったお金です。もっと上手にやりくりする方法もあるかもしれません。でもわたしの場合、建築めぐり喫茶店も含めてツアーですから。

話がそれた気がしますが、

 

とにかく。

ドレスコーズの全国ツアー “dresscodes plays the dresscodes”は、20万かけても観に行ってよかった!と思うぐらい価値のある、前代未聞の素晴らしいツアーでした。しまのキャリアでいちばんいいツアーだったと思います。逆に言うと、 このツアー全公演を20万で観ることができたと思うと安い!です。

どんなに素晴らしかったかは、次回から書いていきます。

 

 

なんで、お金の話からはじめたのかは、自分でもよくわかりません。